VOCALOID Editor for Cubase発売アナウンス

昨夜、CubaseでおなじみのSteinbergから「VOCALOID Editor for Cubase」発売のお知らせが来ていました。一応、今冬発売予定で、具体的な日付や価格はまだわからないところです。

VOCALOID Editor for Cubase

今まで「VOCALOID」は、元々の楽曲データ(あらかじめ作曲しておいたWAVファイル)を取り込んで、それにメロディーと歌詞を付け加えるというものでしたが、「VOCALOID Editor for Cubase」ではVOCALOIDをCubase内で動かすソフトなので、作曲とVocaloidが同時進行できるというわけです(以前から「Rewire」や「VST」で同期させて編集することは可能でしたが、結構相性などがあって厳しい面もありました)。

せっかく自分で作った曲を誰かに歌って欲しい!だけど誰もいない!!という人々を救ったVocaloidシリーズ。

「VOCALOID Editor for Cubase」でさらにユーザビリティが向上すること間違いなしです。ただ、Cubase以外のDAWを使っている人にとっては、Cubaseを購入しなければならないということになりそうですね。ちなみに、Cubase LEやAI、Cubase Artistでは使えないそうです。使えるのは、最上位の「Cubase」のみです。

さらに、別途VOCALOIDソフトも購入しないと行けないのでご注意を。