GarageBand使い方講座トップ > 基本エフェクト:コンプレッサー

よく使う基本エフェクト:コンプレッサー

コンプレッサー

ここではGarageBandのエフェクト設定画面に、あらかじめセットされているエフェクトについてみていきます。まずは、「コンプレッサー」からです。

「コンプレッサー(Compressor)」というのは、音を圧縮するエフェクトです。
具体的に言うと、小さな音はそのまま、大きな音のみ圧縮するものです。

GarageBandでは、「Dynamics」というところに入っています。

Compressor

クリックすると、プラグインラックに「Compressor」が挿入されます。

Compressor

レコーディングの際、どうしても音にムラができます。

ボーカルレコーディングを例にとると、Aメロよりもサビの方が音量が上がることが多いです。その音量差を比較的滑らかにするのが「コンプレッサー」の役割です。

コンプレッサーを有効にするには、「Compressor」というところにマウスカーソルをあてます。そうすると、次のようにアイコンが変わります。

コンプレッサーの調整

一番左のスイッチのマークをクリックすると、Compressorが有効になります。

また、真ん中のところをクリックすると、調節ダイアログが出てきます。

調整ダイアログ

『Compressor Threshold』
圧縮が効き始める音量のことです。
この値を低くすると、小さな音も圧縮してしまいます。

『Ratio』
圧縮の強さです。
この値を高くすると、強く圧縮されます。

『Attack』
圧縮が効き始める時間です。
この値を低くすると、「Compressor Threshold」を超えた音量はすぐに圧縮されます。

『Gain』
音量調節です。
音を圧縮すると、どうしても音量が小さくなります。
圧縮された音量を上下させる時に使います。

あまりよくわからない方は「プリセット」が用意されているので、そちらを利用することをおすすめします。プリセットは「デフォルト」と書かれているところをクリックします。

プリセット

プリセットの中には、ドラム・ギター・ベース・ボーカルなど、その楽器に最適なコンプレッサー値が設定されています。このプリセットを元に自分で設定し直すこともできます。