GarageBand使い方講座トップ > ピアノロールで打ち込み:その2

ピアノロールエディタを使った打ち込み:その2

MIDIノートの配置

打ち込んだ音符(MIDIノート)は自由に編集することができます。
ここでは各種編集方法について見ていきます。

音符を延ばす/縮める
では、音符の伸縮方法から見ていきます。
音を延ばしたり短くするには、バーの右端にマウスカーソルを持っていき、左右にドラッグします。

マウスカーソルを持っていく

右へドラッグすれば、音が伸びます。

右へドラッグ

一方、左へドラッグすれば、音は短くなります。

左へドラッグ

既定では、16音符ずつ伸縮するようになっています。


音符の追加/複製
また、音を付け足すことも可能です。音を付け足すには、ピアノロール上で「command」キーを押します。そうすると、次のように「鉛筆」のマークが現れます。

鉛筆マーク

この状態で、左クリックを押すと、新たに音符が追加されます。

音符の追加

また、「option」キーをクリックしたまま、バーをドラッグすると音符の複製ができます。

音符の複製


音符の移動
つづいて移動方法をみていきます。
音を移動するには、移動したい音をクリックし、移動させたい方向へドラッグすればいいだけです。

移動させたい音をクリック。

音をクリック

そして、そのままドラッグして移動させる。

ドラッグして移動

上下にドラッグすれば、音の高さを変えることができます。




では、以上の操作方法を使って、フレーズの組み替え例を聴いてみてください。

『元のフレーズ』


『組み替えたフレーズ』