Studio One Prime 使い方講座トップ > トランスポーズ設定

トランスポーズ設定

トランスポーズ設定

「トランスポーズ」というのは移調のことで、入力したMIDIノートを半音単位で上下させる機能のことです。

ピアノロール上のMIDIノートの一部をトランスポーズする場合は、移調させたいMIDIノートあるいはを選択し、「アクション」から『トランスポーズ』を選択します。

トランスポーズ

数値を1以上にすると高く移調し、数値をー1以下にすると低く移調していきます。
数値は半音単位になっているので、全音あげたい(下げたい)場合は「2(-2)」に設定します。

トランスポーズ

数値の設定は少しドラッグしただけでも大きく変化してしまうので、「shift」キーを押しながらドラッグすると、細かな設定が可能になります。



イベント内のすべてのMIDIノートをトランスポーズしたい場合は、トランスポーズさせたいMIDIイベント上で右クリックし、「音楽機能」から『トランスポーズ』を選択します。

トランスポーズ

こちらも数値をドラッグするか、半角数字で目的の音程に設定すると、自動的にイベント内のすべてのMIDIノートが移動します。



ピアノロール上に表示されているMIDIノートのはそのままで、音のみをトランスポーズすることもできます。

まずMIDIイベント上で右クリックをします。
そうすると、「トランスポーズ」の項目があります。

トランスポーズ

「トランスポーズ」の数値をドラッグして調節します。
この場合も数値は半音単位になっており、「shift」キーを押しながらドラッグすると、細かな設定が可能になります。




次の『MIDIノートの伸縮』へ