Studio One Prime 使い方講座トップ > オーディオ素材のテンポへの同期

オーディオ素材のテンポへの同期

オーディオ素材のテンポへの同期

「アシッダイズファイル」というWAVファイルがあります。
これは、このファイル内にあらかじめキーやテンポの情報が組み込まれたファイルです。

この処理がされたオーディオ素材を使うと、自動的にStudio One Primeの設定しているテンポに合うように速度を変換してくれます。

しかし中にはそういった情報が書き込まれていないファイルもあります。
このファイルを使いたい場合はどうしても、そのファイルのテンポで作らなければならないことになってしまいます。

ただ、そのファイルのテンポが分かっていれば、自動的に同期する方法があります。

次のファイルはテンポ100のオーディオ素材です。 


しかし、例えばテンポ120の楽曲に使いたい場合、テンポが違うため使えません。
次のように、元々は2小節の素材ですが、すこしはみ出してしまっています。

テンポ100オーディオ素材

では、これをソフト側のテンポ120に同期させます。
まず、オーディオイベント上で右クリックを押し、「ファイルテンポ」と書かれているところに、元のテンポ『100』と入力します。

テンポ100オーディオ素材

そうすると、ソフト側のテンポに自動的に同期されます。



オーディオ素材の長さも、小節数にピッタリあっています。

同期

ただし、ソフト側のテンポが元のテンポと大きくかけ離れていると、音声劣化しますので使えない素材になってしまうことがあります。


次の『楽曲の書き出し』へ