Studio One Prime 使い方講座トップ > MIDIトラックのオーディオ変換

MIDIトラックのオーディオ変換

MIDIトラックのオーディオ変換

「Presence」を使って作ったMIDIトラックをオーディオ変換することができます。
音源をたくさん使う場合はパソコンにかなり負荷をかけますので、オーディオ化しておくと負荷が軽減されます。

まずはMIDIトラックの、トラック名が書かれているところで右クリックを押します。
そして、その中にある「オーディオトラックに変換」をクリックします。

オーディオトラックに変換

そうすると、「インストゥルメントトラックを変換」ダイアログが表示されます。

インストゥルメントトラックを変換


一旦オーディオ化してしまうと、後々編集ができなくなります。
しかし、「インストゥルメントトラック状態を維持」にチェックを入れておくと、再びMIDIへ戻すことができます。再編集する予定がある場合は、必ずチェックを入れておきましょう。

「OK」を押すと、MIDIトラックが次のようになります。

オーディオ変換

真ん中の黄緑の線がMIDI情報です。
いつでも戻せるように、MIDIの情報が残っています。

再び元に戻す場合は、同じ方法でトラック名上で右クリックを押して、その中の「インストゥルメントトラックに変換」をクリックすると、元のMIDIトラックに戻ります。

インストゥルメントトラックに変換


MIDIトラックを完全にオーディオ化する方法もあります。
まず、オーディオ化したいMIDIイベント上で右クリックを押し、「イベントの一般操作」から『選択をバウンス』をクリックします。

選択をバウンス

そうすると、一発でオーディ化されます。

選択をバウンス