Studio One Prime 使い方講座トップ > オーディオデバイス設定

オーディオデバイス設定

オーディオデバイス設定

それでは、続いて「オーディオデバイス設定」について見ていきます。
新規ソングを立ち上げて音を入力したものの音が出ていない場合は、オーディオデバイス設定がうまくいっていないことが考えられます。

起動画面から直接「オーディオデバイス設定」ができる部分がありますので、そこから行います。

オーディオデバイス設定

起動画面のオーディオインターフェースの画像をクリックするか、画像が表示されていない場合は「オーディオデバイスを設定」をクリックします。

そうすると、Studio One Primeで設定されているオーディオインターフェースや、レイテンシなどが確認できる画面が表示されます。

オーディオ/MIDIデバイス設定

今使っているものが正しく接続されていれば、そのまま「OK」を押します。
オーディオインターフェースが違うもの(Windows標準のデバイス等)の場合は、中央の「オーディオデバイス」の「▼」をクリックし、使用するオーディオインターフェースに設定します。
※オーディオインターフェースをお持ちでない場合は、「Windows Audio」で構いません

オーディオデバイス設定

また、Macをお使いで、オーディオインターフェースをお持ちでない方は「Built-In Output」に設定しておきましょう。

Built-In Output

お使いのパソコンがマルチコアの場合、「マルチプロセッシングを有効化」にチェックを入れておきましょう。そうすると、Studio One Primeの動作が安定します。

マルチプロセッシングを有効化



次の『MIDIデバイス設定』へ