Studio One Prime 使い方講座トップ > オーディオレコーディング

オーディオレコーディングについて

オーディオレコーディングについて

Studio One Primeは無料ながら、オーディオインターフェースを使って、オーディオレコーディングが可能です。オーディオインターフェースをお持ちでない方でも、パソコン内蔵のものを使うことができます。

レコーディングができると、ギターやボーカル等、生楽器でないと表現が難しいものをトラック上で扱うことができますので、より幅の広い作曲が可能になります。

それでは、オーディオレコーディングの方法についてみていきます。

「オーディオデバイス設定」で、お使いのオーディオインターフェースがセッティングされているか確認してください。

確認ができたら、「オーディオトラックの作成」で紹介した方法で、オーディオトラックを作成します。通常は「mono(モノラル)」のオーディオトラックにすることが多いです。

オーディオトラックを追加

ギターやボーカルなどをセッティングし、録音待機ボタンを押します。

録音待機ボタン

録音待機ボタンを押すと、その隣の「モニター」ボタンも押されます。
「モニター」ボタンがONになっていると、オーディオトラックに入力する自分の演奏をモニターすることができます。

実際に演奏してみると、オーディオトラックの右端(黄緑のところ)のインプットレベルも反応します。

インプットレベル

すべての準備が整ったら、画面下の「録音ボタン」を押します。

録音ボタン

メトロノームが必要な場合は、「メトロノーム」のところにあるボタンを押します。

メトロノーム

うまく録音されていると、次のようにオーディオ波形が表示されます。

オーディオ波形