SONAR使い方講座トップ > テンプレートファイルの作成

SONARでのテンプレートファイルの作成

SONARでのテンプレートファイルの作成

【テンプレートファイルの作成】

バンド形式の作曲の場合、「Drums」「Bass」「Guitar」「Piano」など、いつも使うトラック(楽器)が同じということがよくあります。

毎回制作するごとにこれらのトラックを作っていくのも面倒ですので、「テンプレート」としてあらかじめ作っておくことができます。

まず、毎回同じのトラックを作成します。
ここでは、「Drums」「Bass」「Piano」のMIDIトラックと、「Guitar」「Vocal」のオーディオトラックを作成しました。

テンプレートトラック

この状態で「保存」します。保存は『名前をつけて保存』にします。

『名前をつけて保存』ダイアログが表示されたら、適当にファイル名を付けて、
「ファイルの種類」を『Cakewalkテンプレートファイル』
「フォルダへ移動」を『テンプレートファイル(.CWT.TPL)』にします。
※ここではわかりやすくファイル名を「Template」にしました
 「Template」の後の拡張子「cwt」は自動的に変わりますので、入力する必要はありません

テンプレートトラック

これで「保存」をクリックすると、テンプレートファイルが作成されます。


【テンプレートファイルを使うには】

では、実際にテンプレートファイルを使ってみましょう。
まず、プロジェクトの新規作成をすると「新規プロジェクトの作成」ダイアログが表示されます。

新規プロジェクトの作成

上の画像のように、テンプレートリストの中に先ほど作った「Template」ファイルが表示されています。

「Template」に設定し、ファイル名を入力すれば、先ほど作ったトラックが入力された状態で制作にとりかかれます。

新規作成

テンプレートファイルのファイル名を「Normal」にして、すでにあるNormalファイルを上書きしておくと、特に設定することなく毎回テンプレートファイルが開くことになるので、大変便利です。

Normalテンプレート
※次回から「Normal」がテンプレートファイルになる

SONAR使い方講座』トップへ