SONAR使い方講座トップ > ステップ録音をしてみよう:その2

SONARでのステップ録音:その2

ステップ録音をしてみよう:その2

それでは、実際にステップ録音をしていきましょう。

【ステップサイズ】

ステップサイズ

「ステップサイズ」は、音符入力の間隔のことです。
MIDIキーボードを押すと、ここで設定した音符の長さごとに入力ポイントが進んでいきます。

たとえば、8分音符に設定しておくと、MIDIキーボードの鍵盤を押すたびに、8分間隔で音符(MIDIノート)が入力されていきます。

「ステップサイズ」は、「キーボードショートカット」で切り替えることができますので、各音符のショートカットキーを覚えておくと、ステップ入力作業が速くなります。

キーボードショートカット


【デュレーション】

デュレーション

「デュレーション」は、実際に入力される音符の長さです。
「ステップサイズに従う」にチェックを入れると、「ステップサイズ」で設定した音符が入力されます。

たとえば、先ほどのようにステップサイズを「8分音符」に設定していれば、8分間隔で8分音符が入力されることになります。

8分音符

ステップサイズ比を「50(%)」に設定していると、ステップサイズで設定した「8分音符」の50%、つまり「16分音符」が8分間隔で入力されます。

16分音符

ちなみに、「ステップ入力」ダイアログの右下にある各ボタンから、「ステップ」「拍」「小節」単位で入力ポイントの移動ができますので、等間隔でないものの場合に利用してみてください。

入力ポイントの移動


【録音トラック】

録音トラック

ステップ録音するトラックを変更したい場合は、「録音トラック」から目的のトラックを選びます。

トラック名に「(current)」と付いているものが、現在選択されているトラックを示しています。

ステップ入力を中止する場合は、右下の赤い足のマークを押します。
そうすると、MIDIキーボードを押さえても入力されません。

ステップ入力オン/オフ