SONAR使い方講座トップ > ショートカットキーの設定:その2

SONARでのショートカットキーの設定:その2

SONARでのショートカットキーの設定:その2

【ショートカットキーの設定:応用】

SONAR内で使うコマンドには、ほぼすべてショートカットキーが割り当てられます。

目的のコマンドを探す場合は、「バインド対象」というプルダウンメニューを切り替えて、一つひとつ探していくか、「検索」で目的のコマンドを探してみましょう。

コマンド検索

人によって変わりますが、『グローバル』『ピアノロールビュー』『トラックビュー』内のコマンドはよく使うものが多いので、自分なりのわかりやすいショートカットキーを割り当てておくことをお勧めします。

使えるショートカットキーには「Ctrl」「Shift」「Alt」キーも使えます。
ただし、この3つのキーは単独では使えず、「Ctrl+○○」「Shift+○○」「Alt+○○」というように、必ず別のキーとセットで使わなければなりません。

個人的にオススメなのは、再生・保存・ピアノロールビュー・譜面ビューの表示・拡大/縮小などなど、使用頻度の多いコマンドを「テンキー」内のキーに割り当てておくと、机の場所もとりません。中でも、ワイヤレスのテンキーパッドを使うと、線がからまることがないので便利です。

テンキーは「1」~「9」の数字のほか、「+」「ー」「*」「/」などのキーもありますので、割り当てられるコマンドも多くなります。

さらに追加して、右クリックや左クリック以外のボタンがついたマウスもお勧めします。
今個人的に使っているマウスは、自由に割り当てられるボタンが3つあります。

その3つに「Ctrl」「Delete」「元に戻る」を割り当てています。
※「Ctrl」キーは、フレーズのコピーによく使います

制作内容によっては「マウス+テンキー」のみで十分操作できますので、作業効率をよくしたい!とお考えの方は、ぜひマウスの買い替えもご検討ください。