SONAR使い方講座トップ > 譜面ビューで打ち込み:その5

SONAR 譜面ビューで打ち込み:その5

譜面ビューで打ち込み:その5

【譜面レイアウト】

楽器によって音部記号が変わります。
既定ではすべて「ト音記号」になっていますが、「ヘ音記号」や「大譜表(ト音+ヘ音)」に変えたりすることができます。

譜面ビューの「編集」タブから『譜面レイアウト』を選択します。

譜面レイアウト

「譜面レイアウト」ダイアログが表示されますので、音部記号を変えたいトラックと、音部記号を設定したら「閉じる」を押します。

譜面レイアウト

そうすると、譜面ビュー上でも設定した音部記号に変わります。

譜面レイアウト



【タブ譜の表示】

ギターやベースで使う「タブ譜」の表示も可能です。
同じ「譜面レイアウト」から『タブ譜の表示』のチェックボックスをクリックします。

タブ譜の表示

そうすると、通常の五線に加え、「タブ譜」も表示されます。

タブ譜の表示

さらに、「表示」タブから『フレットボードの表示/非表示』をクリックすると、譜面ビューの下にフレットボードが表示されます。

フレットボードの表示

フレットボード表示

フレットボードの弦を直接クリックすると、自動的に五線やタブ譜にも反映されます。
画像は、ローポジションのコード「C」を表しています。

フレットボード入力