SONAR使い方講座トップ > 譜面ビューで打ち込み:その4

SONAR 譜面ビューで打ち込み:その4

譜面ビューで打ち込み:その4

【音符の調整】

打ち込んだ音符の細かい調整は、調整したい音符にマウスカーソルをあわせ、右クリックを押します。そうすると、細かな調整が設定できる「ノートのプロパティ」ダイアログが表示されます。

ノートのプロパティ


【音符の調整(タイム)】

「タイム」は『小節:拍:ティック』の形で表されます。
「ティック」というのは「分解能」ともいわれ、より細かな位置を表すものです。

16分音符で見た場合、ティックは次のように表されます。

ティック

たとえば、1小節目の1拍目に次のような音符があった場合のタイムは、「1:01:480」となります。

タイム

【音符の調整(ピッチ)】

「ピッチ」は音程のことです。半音ごとに調節できます。

ピッチ


【音符の調整(ベロシティ)】

「ベロシティ」というのは、音の強さのことです。
音の強さを「1~127」の値で表します。値が多ければ多いほど強い音が出ます。


【音符の調整(デュレーション)】

「デュレーション」というのは、音の長さのことです。
主な音符とデュレーション値はつぎのようになります。

音価デュレーション
 全音符   「4:000」 
 付点2分音符   「3:000」 
 2分音符   「2:000」 
 付点4分音符   「1:480」 
 4分音符   「1:000」 
 付点8分音符   「0:720」 
 8分音符   「0:480」 
 8分3連音符   「0:320」 
 16分音符   「0:240」 

※8分音符が「0:500」ではなくて、「0:480」であることに注意してください

以上、4つのパラメーターを調節し、細かな音符が表現できます。