SONAR使い方講座トップ > SONARプロジェクトの保存

SONARプロジェクトの保存

SONARプロジェクトの保存

【プロジェクトの保存】

次に、プロジェクトの保存方法についてみていきます。

作成したプロジェクトを保存するには、メニューバーの「ファイル」から『保存』を選択します。

保存

『保存』コマンドのショートカットキーは「Ctrl+S」ですので、その2つのボタンを押すだけでも保存されます。

ショートカットキーの設定で紹介した方法で、別のショートカットキーを割り当てることができます。

フリーズや停電等の急なトラブルのために、自動保存設定をしておくことをお勧めします。
プロジェクトの自動保存設定について


【MIDI形式での保存】

作成したプロジェクトをMIDI形式で保存する場合は、「名前をつけて保存」を選択します。

名前をつけて保存

クリックすると次のようなダイアログが表示されます。
ここで、『ファイルの種類』のプルダウンメニューをクリックし、「MIDIファイル フォーマット0」か「MIDIファイル フォーマット1」を選択します。

MIDI形式での保存

使用しているMIDIトラック数(楽器数)が複数ある場合は「フォーマット1」で保存しましょう。
トラック数が1つしかない場合は「フォーマット0」で構いません。

最後に保存をクリックすれば、MIDIファイルがプロジェクトファイルと同じフォルダ内に作成されます。

MIDIファイル

当然のことながら、MIDIファイルの中にはオーディオデータは含まれておりません。