SONAR使い方講座トップ > ピアノロールで打ち込み:その2

SONARでのピアノロールで打ち込み:その2

ピアノロールで打ち込み:その2

【スマートツールの設定】

では実際にマウスを使って、音符(MIDIノート)を打ち込んでいくわけですが、
作業のしやすさ(打ち込みやすさ)の観点から、「スマートツール」に設定しておきましょう。

「スマートツール」はツールモジュールの一番左端、「★」マークです。

スマートツール

「スマートツール」は、MIDIノートの入力/削除、選択、伸縮、移動、ヴェロシティの調整といった、複数の編集を可能にするツールです。

これまでは、作業ごとにツールを切り替えなければいけませんでしたが、SONAR X1から導入されたことで、作業効率が大きく改善しました。


【音符(MIDIノート)の入力と削除】

では実際に入力していきます。
ピアノロール上にマウスカーソルを持っていくと、「鉛筆マーク」に変わります。
これは、入力が可能な状態を表しています。

鉛筆マーク

MIDIノートを入力するには、左クリックを押したまま右へドラッグさせます。

MIDIノートを入力

MIDIノートを削除するには、入力したMIDIノート上で「右クリック」を押します。
そうすると、カッターのようなマークになり削除されます。

MIDIノートを削除


【音符(MIDIノート)の長さの変更】

打ち込んだMIDIノートの長さを変えるには、打ち込んだMIDIノートの端にマウスカーソルを持っていきます。そうすると、左右の矢印マーク「←|→」が表示されます。

矢印マーク

そして、伸縮させたい方向へドラッグすると、長くも短くもなります。

MIDIノート短 MIDIノート長

もちろん、反対方向(MIDIノートの左端)からの編集も可能です。

矢印マーク