SONAR使い方講座トップ > 新規プラグイン設定:その2

SONARでの新規プラグイン設定:その2

新規プラグイン設定:その2

【すでにインストール済みの場合】

前回は、確実にプラグインがSONARに認識される、ソフトのインストール方法をご紹介しましたが、中にはすでにインストールし終わった後、という場合もあるでしょう。

ここでは、インストール済みのプラグインが認識されていない解決手順についてご紹介します。

【手順1:dllファイルを探す】

プラグインがSONARに認識されていないのは、プラグインの「dllファイル」がSONARの中(「Vstplugins」フォルダ)にないからです。

まずは、認識させたいプラグインの「dllファイル」を探しましょう。ちなみに、「プラグイン名.dll」という形になっていることが大半です。大抵は次の3か所の内の1つにあります。

まず一つ目が、プラグインのデータをインストールした場所です。
Cドライブの「Program Files」の中にある、フォルダを探します。
ソフトの会社名のフォルダの中に「dllファイル」が残っていることがよくあります。

次に2つ目が、同じくCドライブの「Program Files」の中の「Steinberg」フォルダの中を探してみてください。
「Steinberg」フォルダの中にも「vstplugins」があって、そちら側へインストールされた場合があります。ソフトによっては、こちらを優先してインストールする場合がありますので、注意が必要です。

1つ目のフォルダ、2つ目のフォルダにもなかった場合は、体験版やLE版を含め過去に使ったことのあるDAWのフォルダを探してください。大抵はそのDAWを販売している会社名のフォルダの中にあります。

通常、DAWをインストールすると、そのDAWの「Vstplugins」フォルダが作成されます。
ここに「dllファイル」が保存されている場合があります。



【手順2A:dllファイルを移す】

「プラグイン名.dll」というファイルが見つかればそれをコピーするか、ドラッグしてSONARの「Vstplugins」フォルダに入れます。

SONARの「Vstplugins」フォルダは、「ローカルディスク( C: )」⇒「Program Files」⇒「Cakewalk」⇒「Vstplugins」へと辿っていきます。


【手順2B:VstpluginsフォルダをSONARに認識させる】

コピーしたり、ドラッグしてファイルを動かすのが面倒という場合は、そのdllファイルが入っているフォルダ自体を、SONARに認識させることができます。

SONARの操作画面から「環境設定」⇒「ファイル」⇒「VSTプラグイン」と辿っていきます。

VSTプラグイン

「VSTプラグインの管理」画面で、「dllファイル」が入っているフォルダをSONARに認識させます。

VSTプラグインの管理

方法は『追加』をクリックして、「dllファイル」が入っているフォルダを指定するだけです。

そうすれば、そこに入っているフォルダもSONARの管理内となります。

下は、「Steinberg」の「Vstplugins」フォルダ内のプラグインも、SONARに認識させた状態です。

VSTプラグイン

当然ですが、Steinbergの「Cubase」純正のプラグインは、SONARで使えません。
あくまで、別売りソフトのプラグインのみ認識可能です。