SONAR使い方講座トップ > 新規プラグイン設定:その1

SONARでの新規プラグイン設定:その1

新規プラグイン設定:その1

SONAR付属でない、別売りのプラグイン(音源・エフェクト)を使用したいときもあるでしょう。

大概は普通にそのソフトをインストールすれば、SONARに認識され使えます。
しかし、たまに認識されていない時もあります。

ここでは確実にプラグインが認識される、ソフトのインストール方法をご紹介します。
例としてドラム音源の「EZ Drummer」を使います。


【手順1:プラグインのインストール】

まず最初にインストールCD(DVD)をドライブに挿入し、インストール作業をします。

インストール画面

別売りプラグインは海外製が中心なので、上の画像のようにすべて英語表記されていることが多いです。そのため、ほとんどの方はあまり気にせず「Next(次へ)」をクリックされることが多いでしょう。

ライセンス

次に出てくるのが大抵は「ライセンス」に関してです。
「I accept ~~」にしないと「Next」ボタンが表示されないので、特に問題はないと思います。


【手順2:インストール場所の指定】

プラグインは、「プラグイン自体のデータ」と「DAWに認識されるためのファイル(DAWとプラグインを結ぶ接着剤的なファイル)」2種類をインストールしなければなりません。プラグインをインストールする場合は、必ずこの2つをどこに保存するか尋ねられます。

「プラグイン自体のデータ」はプラグイン側で指定されているので、そのままで良いでしょう。
指定される場所は大抵「C:\Program Files\ソフトの会社名\ソフトの名前\」になっていることが多いです。「EZ Drummer」もそのようになっています。

プラグインフォルダ

この指定フォルダは自由に変えることができますので、特別他の場所にデータをインストールしたいなら、そこを指定します。しかし、あまり変えない方が良いでしょう。

そして次に大切なのが「DAWに認識されるためのファイル」をどこに保存するかです。
このファイルを「dllファイル」というのですが、この「dllファイル」がSONARの中にないと、そのプラグインが認識されません。必ずSONARの「Vstplugins」フォルダを指定しましょう。

プラグインフォルダ

上の画像のように、『C:\program Files\Cakewalk\Vstplugins\』になっていることを確認します。なっていない場合は「change」をクリックして、「Vstplugins」フォルダを指定します。


【手順3:dllファイルの確認】

インストールを終えたら、「dllファイル」が先ほどの「Vstplugins」フォルダの中にあるか確認してください。一般的には「ソフト名.dll」の形になっています。

「スタート」⇒「コンピュータ」⇒「ローカルディスク( C: )」⇒「Program Files」⇒「Cakewalk」⇒「Vstplugins」へと辿っていきます。

そうすると、下のように「ezdrummer.dll」ファイルがフォルダ内にあることが確認できます。

EZ Drmmer.dll

この状態なら、ほぼ確実にSONARに認識されます。

EZ Drmmer.dll

SONARで認識されていれば、ソフトを起動して「アクティベーション」作業をしてください。「アクティベーション」作業はソフトごとによって異なります。