SONAR使い方講座トップ > SONARのオーディオ設定

SONARのオーディオ設定

SONARのオーディオ設定

【SONARのオーディオ設定】

SONARをインストールし終えたら、まずは「オーディオ設定」をしましょう。
正しく設定していないと、音が出ない・録音できない等不都合が出てきます。
ここでは、すでにオーディオインターフェースを接続していることを前提としています。

まずはSONARを起動します。
次に、メニューバーの「編集」から「環境設定」を選択します。

SONAR環境設定


【録音、再生のオプション】

まず最初は『オプション』画面から設定します。

オプション

「ドライバモード」で必ず『ASIO』を選択しましょう。
『ASIO』が選択できない場合は、『ASIO』対応のオーディオインターフェースをお買いいただくことをお勧めします。

オーディオインターフェースをお持ちでない方は、Windows標準の「WDM/KS」でも構いません。

設定し終えたら、とりあえずこの段階で「適用」をクリックしておきましょう。


【入力/出力デバイスの選択】

次に、『デバイスの選択』画面では、入力・出力ともにお使いのオーディオインターフェースにチェックマークがついているか確認してください。

デバイスの選択


【使用するデバイスの設定】

『デバイスの設定』画面の「再生タイミングマスタ」「録音タイミングマスタ」ともに、お使いのオーディオインターフェースになっているか確認してください。

デバイスの設定

オーディオレコーディング中心の作曲をされる方は、「64bit倍精度エンジン」のチェックマークにチェックを入れておきましょう。

これはオーディオを高音質にするモードです。
ただし、パソコンに負荷がかかりますので、制作途中にSONARがドロップアウトしてしまうことがあります。

「サンプリングレート」が「44100」、「ミキシングレイテンシ」の中のバッファサイズのスライダーが左端になっていることを確認し「適用」を押します。

これで最適なオーディオ設定は完了しました。