ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > メロディを作ろう:その2

メロディを作ろう:その2

メロディを作ろう:その2

メロディを作ろう:手順3

それでは、一本調子の「E音」だけのメロディに若干の動きを持たせてみましょう。
動きを出すには、1つ目は「音を加える」、2つ目は「音を変える」という方法があります。

それではまずは、音を加えましょう。次のように加えてみました。

若干メロディに動きが出ましたね。


メロディを作ろう:手順4

では、続いてメロディの音を変えていきましょう。

メロディはほとんどの場合、隣の音へ進む傾向があります。つまり「E」音の場合、上の「F」音か、下の「D」音です。こういった傾向を利用して、音を動かしていきます。

当然、隣の音へ進まないこともあります。隣の音へ進まない場合は、大抵他のコードトーンである場合が多いです。

ここでは次のようにしてみました。


同じ作業を、続く「Am7」「Dm7」「G7」上でも行っていきます。
最終的に次のようにしました。


ドラムマシンや作曲ソフトをお持ちの方なら、ドラムに合わせるとより雰囲気が増します。


この方法で、Aメロ・Bメロ・サビごとに作っていくと、ギターで一曲が完成します。