ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > 「メジャーコード」と「マイナーコード」について :その2

「メジャーコード」と「マイナーコード」について:その2

「メジャーコード」と「マイナーコード」:その2

前回は、コードのルートと2番目の音との距離が「明るい」「暗い」を分けるのでは?という推測をしました。

ためしに、「ド」と2番目の距離が5コの場合と、「4コ」の場合のトライアドを聴き比べてみましょう。

【「ド」と「ミ」:鍵盤数5コ】

【「ド」と「ミ♭」:鍵盤数4コ】

明らかに、「鍵盤数4コ」の方が暗く感じますね。

では、続いて「レ」を起点とした場合の違いを聴き比べてみてください。

【「レ」と「ファ」:鍵盤数4コ】

【「レ」と「ファ♯」:鍵盤数5コ】

「レ」の場合も同様、「鍵盤数5コ」が明るく、「鍵盤数4コ」の方が暗く聴こえます。

ということで、結論!!
コードは、ルートと2番目の音が鍵盤数5コある場合は明るく響き、鍵盤数4コの場合は暗く響く

音楽では、この明るく響くコードは「メジャーコード」、暗く響くコードは「マイナーコード」といいます。

この場合、「ド・ミ・ソ」のコードは「メジャーコード」、「レ・ファ・ラ」のコードは「マイナーコード」になります。

「メジャー」や「マイナー」という言葉もこれで3回目です。

1:メジャースケールとマイナースケール
2:メジャーキーとマイナーキー
3:メジャーコードとマイナーコード

「メジャー=明るい」「マイナー=暗い」は徹底していますね。