主要コードとは

主要コードとは?

あるひとつのスケール音のみでできたコード(ダイアトニックコード)は、トライアド・7thコード、メジャーキー・マイナーキー問わず7つありましたね。

各コード、それぞれコードトーン(コードの構成音)は違いますので、当然響きもそれぞれです

それぞれのコードの響きを「3つの機能(特色)」にわけることがあります。
この考え方を「機能和声」といいます。


「3つの機能(特色)」とは以下の通りです。

安定的なコード
そのコードがなると、とても落ち着いて響くコード。
Cメジャーのダイアトニックコードでは「C」もしくは「CM7」のことを指します。
また、Aマイナーでは「Am」もしくは「Am7」のことを指します。

不安定なコード
そのコードがなると、落ち着かないコード。響きが悪いとされるコード。
Cメジャーのダイアトニックコードでは「G」もしくは「G7」のことを指します。
また、Aマイナーでは「Em」もしくは「Em7」のことを指します。

これらのコードがなぜ「不安定」なのか?疑問に感じるでしょうが、これ以上はかなり突っ込んだ音楽理論ですので省きます

中間的なコード
安定でも不安定でもない中間的な響きを持つコード。
Cメジャーのダイアトニックコードでは「F」もしくは「FM7」のことを指します。
また、Aマイナーでは「Dm」もしくは「Dm7」のことを指します。

これらメジャー・マイナー、それぞれ3つのコードを「主要コード」といいます。
つまり、そのキーではとても大きな力を持つ(特色がはっきりとしている)コードになります。

まとめると、次のようになります。

CメジャーキーAマイナーキー
安定的なコード「C」 「CM7」「Am」 「Am7」
不安定なコード「G」 「G7」「Em」 「Em7」
中間的なコード「F」 「FM7」「Dm」 「Dm7」