ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > コード「C」を弾いてみよう

コード「C」を弾いてみよう

コード「C」を弾いてみよう

それでは、早速ギターでコード「C」を弾いてみましょう。

コード「C」は3つの指を使って、次のように押さえます。

コードC

コードC画像

人差し指(白丸):2弦の1フレット目
中指(赤丸):4弦の2フレット目
薬指(青丸):5弦の3フレット目

通常、コードは最低音(一番低い音)がルート音にならなければならないので、6弦は弾きません。

6弦をルート音のCにしようと思うと、かなり離れたところを押さえなければなりません。
そのため、6弦は省略します。

ただ、6弦の開放弦「E」を弾いても、コード「C」の構成音ですので、大きなサウンドの変化はありません。ギター教則本によっては○としているものもあります。

出音がコード「C」の構成音、「C(ド)・E(ミ)・G(ソ)」のみになっていますね。

それでは、サンプル音を聴いてみてください。


慣れない間は次のように、押さえた指の弦のみが消音(ミュート)してしまうことがあります。


最初はみんなこうなると思っておいてください。
しかし、何度も弾いていくうちに、だんだんと音が出るようになるので安心してください。