ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > コード「Am7」を弾いてみよう

コード「Am7」を弾いてみよう

コード「Am7」を弾いてみよう

では続いて、コード「Am7」を弾いてみましょう。

コード「Am7」は、コード「Am」のフォームから薬指を離しただけなので、コード「Am」が押さえられればとても簡単です。

コードAm7

コードAm7画像

人差し指(白丸):5弦の1フレット目
中指(赤丸):4弦の2フレット目

若干、コード「C」とも似ています。
※左がコード「Am」、右がコード「C」

コードAm7  コードC

通常は6弦を弾きませんが、6弦はAm7の構成音であるE音なので、弾いても大きなサウンドに変化はありません。

出音がコード「Am」の構成音、「A(ラ)・C(ド)・E(ミ)・G(ソ)」になっていますね。

それでは、サンプル音を聴いてみてください。