ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > もう1音加えてみよう:その1

トライアドにもう1音加える

トライアドにもう1音加えてみよう

前回までは、メジャーキー・マイナーキーのトライアドのダイアトニックコードをみてきました。

スケール音を1つ飛ばしで加えていったトライアドですが、もう1音加えてさらにサウンドに広がりを出すことができます。

例えば、「ド」をルートにした場合。
「ド」「ミ」「ソ」と、1つ飛ばしにして、さらに「ソ」の2つ隣の音「シ」も加えることができます。

つまり「ド・ミ・ソ・シ」というコードが完成します。

ドミソシ

では、聴いてみてください。


次に、トライアドとの違いを聴き比べてみてください。


どうでしたか?トライアドよりもサウンドに広がりが出たと思いませんか?

この、4番目の音を加えたコードを「7th(セブンス)コード」といいます。

なぜ4和音なのに「7」かというと、付け加えた音はルートから見ると7番目の音だからです。

例えば「ド・ミ・ソ・シ」のコードの場合。
「ド」を1とすると、「シ」は7番目になります。

ド(1)・レ(2)・ミ(3)・ラ(4)・ソ(5)・ラ(6)・シ(7)

ということから「7thコード」と呼ばれます。