Cubase使い方講座トップ > テンプレートの作成

Cubaseでのテンプレートの作成

テンプレートの作成

バンド形式など、いつも作成する楽曲形態が同じということがあります。
毎回同じトラックを作成するのも作業が大変です。

そこで、プロジェクト起動時に「テンプレート」として目的のトラック状態を表示されていれば、すばやく作曲活動に入れます。

ここでは「テンプレート」の作成方法について見ていきましょう。

まず、いつも同じトラック状態を作成します。
ここでは次のように、ボーカルとギターはオーディオトラック、ベース・ピアノ・ドラムはMIDIトラックとしました。

トラック

これを毎回作成するのは面倒なので、テンプレートとして保存します。
メニューバーの「ファイル」から『テンプレートとして保存』をクリックします。

テンプレートとして保存

そうすると、「テンプレートとして保存」ダイアログが表示されます。

テンプレートとして保存

ダイアログ内の「属性インスペクタ」で『Template Category』を選択します。
続けて、その右隣にある「Value」の欄をクリックします。

Value

ここに表示されているものは、プロジェクト起動時に出てきた「Steinberg Hub」のタブを表しています。

テンプレート

例えば、「レコーディング」タブ内に表示させたいなら『Recording』、「スコア作成」タブに表示させたいなら『Scoring』を選択します。「その他」タブの場合は特に設定する必要はありません。

ここでは「その他」タブ内に表示させたいので特に設定せず、「新規プリセット」でテンプレート名を『Band』にしました。

Band

そうすると、「Steinberg Hub」の中に先ほど作った「Band」テンプレートが表示されています。

Band