Cubase使い方講座トップ > ステップ入力をしよう:その1

Cubaseでステップ入力をしよう:その1

ステップ入力をしよう:その1

【ステップ入力とは】

ここからは、MIDIキーボードあるいはバーチャルキーボードを使った録音「MIDIレコーディング」について見ていきます。

まずは、「ステップ入力」からです。

「ステップ入力」というのは、音価(音符の長さ)と入力する音符の間隔をあらかじめ決めておいて、MIDIノートを入力していくものです。

コードのような複数の音符を一度に入力する時や、ドラムのような等間隔でMIDIノートを入力する場合に使うと、かなり作業効率効が上がります。

実際のオーディオ(生音)を録音するわけではなく、あくまでMIDIノートを入力していくので、打ち間違えても簡単に編集が可能です。

ここでは、MIDIキーボードが接続されていることを前提に見ていきます。

【ステップ入力の準備】

まずは音源をセットしたトラックに、ステップ入力分の「MIDIイベント」を作成します。

MIDIイベント

そして、トラック部分の録音可能マーク「」が点灯しているか確認します。

録音可能マーク

最後に、キーエディター上部にある「ステップ入力」ボタンをクリックすれば準備完了です。

ステップ入力