Cubase使い方講座トップ > スコアエディターでMIDI入力:その3

Cubaseでのスコアエディターを使ったMIDI入力:その3

スコアエディターでMIDI入力:その3

入力した音符の長さの変更は、「情報ライン」にある『長さ』から行います。

長さ

各数値を上下させることで長さを調整することができます。

具体的に言うと、一番左の数値が「全音符分」の長さ。
その右隣が「4分音符分」の長さ。
さらにその右隣が「16分音符分」の長さになります。
※一番右端の数値はかなり細かな数値になりますので省略します

例えば元々4分音符だった長さを、付点4分音符に変えたい場合・・・
数値は次のようになっています。

4分音符

4分音符の付点は「8分音符」になりますので、「1」と書かれている隣の数値(16分音符分の長さ)を「2」にしてやればいいだけです。

付点4分音符

そうすると、自動的に五線譜上の音符も「付点4分音符」に変わります。

付点4分音符