Cubase使い方講座トップ > スコアエディターでMIDI入力:その1

Cubaseでのスコアエディターを使ったMIDI入力:その1

スコアエディターでMIDI入力:その1

楽譜に対してあまり抵抗のない方は、五線譜を使って入力する方が分かりやすいかもしれません。

ここではCubaseの楽譜モード「スコアエディター」についてみていきます。

まずは「キーエディター」の場合と同様、MIDIイベントを作成します。

MIDIイベント

そして、メニューバーの「MIDI」から『スコアエディターを開く』をクリックします。

スコアエディターを開く

そうすると、スコアエディターが表示されます。

スコアエディター


このままの状態だと五線が小さくて打ち込みにくいので、「ズーム」ツールを使って打ち込みやすくなるまで拡大しておきます。

ズームツール

五線上をクリックしていくと拡大していきます。

拡大



画面左にある「簡易譜表設定」から楽譜のタイプを選ぶことができます。

簡易譜表設定

ピアノ用、ベース用、ドラム用などありますので、目的のトラック(楽器)にあったタイプを選びましょう。

ちなみに下記は「ピアノスプリット」です。

ピアノスプリット