Cubase使い方講座トップ > リアルタイム入力をしよう:その2

Cubaseでリアルタイム入力をしよう

リアルタイム入力をしよう:その2

どんなにバックトラックにあわせて入力しようと思っても、「リアルタイム入力」だとどうしてもところどころタイミングがずれてしまいます。

リアルタイム入力

こういう場合に備えて、あらかじめ決まったグリッド値に補正してくれる機能(オートクオンタイズ)があります。

まずは「クオンタイズプリセット」でどのタイミングで補正するかを決めます。
ここで選んだ値が小さければ小さいほど、細かなタイミング補正ができます。

クオンタイズプリセット

例えば「1/4」を選べば、入力した音が最も近くの4分のグリッド線に吸い寄せられます。
「1/8」なら8分のグリッド線、「1/16」なら16分のグリッド線になります。

ここは打ち込みたいフレーズにもよります。
コードのような割と長めのものは「1/1」や「1/2」、フレーズやメロディのような細かいものは「1/8」や「1/16」になります。

「クオンタイズプリセット」の値を決めたら、トランスポートパネルにある「AUTO Q」をクリックして、「ON」の状態にします。

AUTO Q

これで準備完了です。
同様に、「録音」マークをおしてリアルタイム入力していくと自動的に補正されます。

オートクオンタイズ