Cubase使い方講座トップ > キーエディターでMIDI入力:その4

Cubaseでのキーエディターを使ったMIDI入力:その4

キーエディターでMIDI入力:その4

では、MIDIノートの長さの調整をみていきます。
長さを調整するには「オブジェクトの選択」ツールのまま、MIDIノートの端へマウスカーソルを持っていきます。

そうすると、次のように「←→」のマークが表示されます。

長さの調整

この状態のまま、左右にドラッグするとMIDIノートが伸縮します。
伸縮の長さは「ノート長のクオンタイズ」によります。

長さの調整 長さの調整

この場合も複数のMIDIノートの長さを変えることができます。

複数の長さの調整



同じ長さのMIDIノートが連続する場合は、「複製」を使うと非常に便利です。
まずは複製したいMIDIノートを選択します。

MIDIノート選択

そして、ドラッグしながら同時に「Alt」キーを押します。
複製されている方のMIDIデータに「+」のマークが出ていたら、うまく複製されている証拠です。

MIDIノート複製

左クリックを離すと同じものが複製されます。

MIDIノート複製

複数のMIDIノートの複製も可能です。

MIDIノート複製