Cubase使い方講座トップ > キーエディターでMIDI入力:その3

Cubaseでのキーエディターを使ったMIDI入力:その3

キーエディターでMIDI入力:その3

それでは、打ち込んだMIDIノートの編集方法についてみていきます。
編集には「キーエディター」にある『ツールバー』が活躍します。

ツールバー

いちいちマウスをツールバーまで持って行くのが面倒な時があります。
その時は「右クリック」すると『ツールバー』が表示されます。

ツールバー

「オブジェクトの選択」ツールの状態で、キーボードの「Alt」キーを押すと「鉛筆ツール」に切り替わります。ですので、通常は「オブジェクトの選択」ツールのままで構いません。

打ち込んだMIDIノートを移動させる場合は、「オブジェクトの選択」ツールのままMIDIノートをドラッグして移動させます。

MIDIノートの移動

左右上下斜めどこへでも移動可能です。

複数のMIDIノートを移動させたい場合は、移動させたいMIDIノートをドラッグして囲みます。

MIDIノートの複数選択

そしてどのMIDIノートでもいいので、カーソルを持っていきドラッグします。

MIDIノートの複数移動

複数の音の内、一部の音のみを移動することも可能です。
まずは移動させたいMIDIノートを「Shift」キーを押しながら選択していきます。

MIDIノートの複数移動

そして、移動させるMIDIノートどれでもいいのでマウスカーソルを持っていき、移動したい方向へドラッグします。

MIDIノートの一部移動



MIDIノートを削除したい場合は、削除したいMIDIノートを選択し赤く反転させます。
その状態でキーボードの「Delete」を押せば消えます。

「ツールバー」にも削除ツールがあるので、そちらへ一旦切り替えてから削除することもできます。

削除ツール