Cubase使い方講座トップ > ドラムエディターでMIDI入力:その2

CubaseでのドラムエディターでMIDI入力:その2

ドラムエディターでMIDI入力:その2

それでは、実際にドラムフレーズを入力していきます。
Cubaseにはドラム音源の「Groove Agent SE(バージョンによってはGroove Agent One)」が付属するので、そちらを立ち上げます。

Groove Agent SE

「Groove Agent SE」と書かれている下のところに既定では「Kit 1」という名前が書かれています。

Kit1

ここをクリックすると、「Groove Agent SE」に付属しているプログラム(音色)を選ぶことができます。ここでは、「Funky House Kit」を選んでみました。

Funky House Kit

そうすると、先ほど「Kit 1」と書かれていたところが「Funky House Kit」に変わります。

Funky House Kit

これで各パッドに「Funky House Kit」の音色が割り当てられました。


では、「ドラムエディター」で打ち込んでいきましょう。
まずは「クオンタイズプリセット」を「1/16」にして、グリッド線の間隔を16分音符ごとにしておきます。

クオンタイズプリセット

通常、ドラムは8分音符中心の8ビート、16分音符中心の16ビートが主流で、「1/16」にしておけばどちらでも対応が可能です。


線上を「ドラムスティック」ツールで打ち込んでいけば、音()が入力されていきます。

ドラム入力

ということで、次のような基本的な8ビートを打ち込んでみました。

8ビート