Cubase使い方講座トップ > カラーの変更

Cubaseでのカラーの変更

プロジェクトカラーの変更

何度も同じ見た目で作業していると、だんだん飽きてくるということがあります。
Cubaseではプロジェクト画面のカラーを変更することができます。

まずは、メニューバーの「ファイル」から『環境設定』を選択します。

環境設定

その中にある「ユーザーインターフェース」の『全体カラー』を選択します。

全体カラー

そうするといくつかのカラーパターンが表示されますので、気に入ったカラーを選択します。

カラーパターン

あらかじめ用意されたカラーは全体的に暗い色ばかりなので、最下部の「カスタムカラーを選択」から自由にカラーを選ぶことができます。

カスタムカラーを選択

ただし、カラーのドット柄のところの色は選べなくなっているので、ある程度選ぶ色の制約があります。

カスタムカラーを選択

ここでは例として次のようなカラーにしてみました。

プロジェクトカラー


エディターカラーの変更

バージョン9から、キーエディタのバックの色が暗くなりました。

エディタカラー

バージョン8までのユーザーだとやや違和感を覚える人がいるかもしれません。こちらのエディターカラーも変更することができます。

同様に「環境設定」の「ユーザーインターフェース」にある『カスタムカラー』を選びます。

カスタムカラー

「カスタムカラー」の中にある『エディターエリアの背景』がキーエディタの背景色になっています。

エディターエリアの背景

先頭の色の部分をクリックして白系の色にすると、これまでのキーエディタのような白地の背景に変わります。

エディターエリアの背景

こちらのほうが打ち込みやすいと感じる方も多いはずです。