Cubase使い方講座トップ > コードトラックを使ってみよう:その6

Cubaseの「コードトラック」を使ってみよう:その6

コードトラックを使ってみよう:その6

いつも似通ったコード進行になってしまうという方は、コードトラックの「Chord Assistant」機能がオススメです。

その場にあったコードを文字通り「アシスタント」してくれます。

例えば、次のように4小節目をどうするか迷った時は、「X」をダブルクリックします。
そして、ダイアログの「Chord Assistant」タブをクリックすると、候補のコードが表示されます。

Chord Assistant

『コード提示レベル』を上げていくと、さらに候補が増えていきます。

コード提示レベル


候補が多すぎる場合は、候補を絞ることもできます。
下の「モード」というところで、『終止形』と『共通音』が選択できます。

モード

『終止形』はコード進行を終止させるようなコードが提示されます。
右端のボタン(ギャップモード)をクリックすると、さらに細かい設定ができます。

終止形


『共通音』は前のコードの流れを極力維持したコードが提示されます。
共通音の数等で細かい絞り込みが可能です。

共通音


コードトラックの音源がセットされていればすぐに試聴が可能なので、ただ単に与えられたものを使うというよりは、前後の流れを意識したコードを選んでいきましょう。