Cubase使い方講座トップ > コードトラックを使ってみよう:その5

Cubaseの「コードトラック」を使ってみよう:その5

コードトラックを使ってみよう:その5

前回、ボイシングの設定を見てきました。
ただ、ソフト側のボイシングでは今一つ納得できないということもあります。
そういった場合は、直接MIDI編集していきます。

コードトラックのデモは、MIDIデータ化することができます。
まず、コードネーム全体を囲むように「オブジェクトの選択」ツールでドラッグして囲みます。

ドラッグ

そうすると、コードネーム全体が黒くなります。

コードネーム

どのコードネームでもいいので、目的のトラックへドラッグ&ドロップします。
そうすると、MIDIデータとして貼り付けられます。

ドラッグ&ドロップ

MIDIイベントをダブルクリックするとキーエディターが表示されますので、細かなMIDIノートの編集が可能になります。

キーエディター


前回のギターサンプル音を、比較的それっぽくするため次のように調整してみました。。