Cubase使い方講座トップ > コードトラックを使ってみよう:その2

Cubaseの「コードトラック」を使ってみよう:その2

コードトラックを使ってみよう:その2

それでは、前回入力した「X」を通常のコードネームにしていきましょう。

方法は、まずは「オブジェクトの選択」ツールに切り替えて「X」をダブルクリックします。
そうすると、コードエディターダイアログが表示されます。

コードの調整


このダイアログの見方は、一番左が「コードのルート」、その右隣が「コードタイプ」、さらにその右隣が「7th音やテンション」、そして一番右端が「ベース音」になっています。

コードの調整

コードのルートとベース音が別々にできるため、「分数コード」を作ることもできます。



ここでは例として、次のような定番コード進行を入れてみました。

コード進行