Cubase使い方講座トップ > コードトラックとは?

Cubaseの「コードトラック」とは?

コードトラックとは?

「Cubase 7」から新しく「コードトラック」という機能が搭載されました。

コードトラック

「コードトラック」は目的の位置に任意のコードネームを入れていくと、自動的にそのコードを指定の音源で鳴らしてくれる機能です。

また、MIDIトラックやインストゥルメントトラックも、そのコードにあわせて自動で補正してくれます。

コード進行がいつも似通ってしまうという方のために「Chord Assistant(コード・アシスタント)」という機能があります。

コードアシスタント

この機能を使うとコードの流れから、ソフトがその時々に合うコードを提示してくれます。
コード進行のバリエーションが少ないという方は、ぜひこの機能を使ってオリジナリティのあるコード進行を作るようにしましょう。

それでは、実際に「コードトラック」の使い方についてみていきましょう。