Cubase使い方講座トップ > コードパッドを使ってみよう:その4

Cubaseの「コードパッド」を使ってみよう:その4

コードパッドを使ってみよう:その4

前回でKey of Aのプリセットを読み込みました。

Major Scale Key A

しかし、ダイアトニックコードの7つ以外のところは空になっています。
この空いているパッドには自由にコードを入れることができます。

まずは空いているパッドの左端にある▼をクリックし、コードエディター画面を出します。

コードパッド

ここでは例として「A」への裏コードである「B♭7」を入れてみましょう。
ルート音は「B♭(A♯)」、メジャーコードなので「maj」、7度音は通常の「7」、ベース音はそのままです。

コードパッド

そうすると、次のように「B♭7」が空のパッドに入ります。

B♭7

コードトーンもボイシングも自動で入りますので、いちいちコードトーンを考える必要はありません。

B♭7

また、コードアシスタント機能を使って、そのキーでよく使われるコードを参考にしながら入れることもできます。

画面左の「Chord Assistant 表示/非表示」ボタンを押します。

Chord Assistant 表示/非表示

そうすると、そのキーに近いコードか、五度圏に沿ったコードが表示されます。

Chord Assistant

目的のコードが見つかったら、そのコードネームのところをクリックし、そのままドラッグして空いているパッドまで持って行きます。

ここでは例として「Esus4」を入れてみましょう。
「Esus4」と書かれているところにマウスカーソルを持って行き、そのままドラッグしてパッドに持って行くと、パッドの周りが緑に変わります。

Esus4

その状態で左クリックを離すと、目的のEsus4が割り当てられます。

Esus4

変更したコードパッドを保存した場合は、再度画面左の「コードパッドのプリセット」ボタンを押し、「コードパッドのプリセットを保存」を選択します。

コードパッドのプリセットを保存

そうすると、次回から自分オリジナルのコードパッドを一発で出すことができます。