Cubase使い方講座トップ > コードパッドを使ってみよう:その1

Cubaseの「コードパッド」を使ってみよう:その1

コードパッドを使ってみよう:その1

Cubaseには「コードトラック」以外にも、「コードパッド」というコード補助機能があります。

「コードパッド」は、コードネームが書かれているパッドをクリックすることで、コード演奏ができる機能です。

では使い方を見ていきましょう。

まずMIDIトラックのインスペクター(Inspector)の中にある、コード⇒コードパッドを辿ります。

コードパッド

コードパッドの右端にあるところをクリックすると、コードパッドの画面が表示されます。

コードパッド

コードネームの部分をクリックするとコードが演奏されます。

例として「C」を押すと、ドミソの和音が鳴ります。
どの音が鳴っているかもわかるように、上のキーボードで鳴っている音が表示されます。

コードC

表示からもわかる通り「C」を押した場合は、ベース音としてC1、コード音のC3・E3・G3の音が鳴っていることがわかります。

画面左上の「ピアノプレーヤー」のところを『ギタープレーヤー』に変えると、ギターのボイシングに変更されます。

ギタープレーヤー

同じように「C」をクリックすると、今度はC2・G2・C3・E3・G3の5音に変わります。

ギタープレーヤー

コードパッドの右端にある上下の三角マークをクリックすると、ボイシング(コード音の並び)の音域を変えることができます。

三角マーク

上の三角マークを押すと音域が高くなり、下の三角マークをクリックすると音域が低くなっていきます。

ボイシング
※通常の位置

ボイシング
※音域を下げた場合

ボイシング
※音域を上げた場合

目的の位置にしておくと良いでしょう。