Cubase使い方講座トップ > 「コードエディット」でのMIDI入力

Cubaseの「コードエディット」でのMIDI入力

「コードエディット」でのMIDI入力

「Cubase7」からは「コードトラック」を始め、コード入力に関する機能が豊富です。

キーエディターでは「コードエディット」という、簡単にMIDIでコード入力のできる機能があります。

まずは、キーエディターの左端のタブの中に「コードエディット」があります。
これをクリックすると、コードエディット機能が使用できます。

コードエディット

「コードエディット」で入力できるコードの種類は豊富で、通常の作曲で使うコードタイプはほとんど網羅しています。

コードタイプ

ただし、「テンションコード」はありません。

使い方は、まずは打ち込みたいコードタイプを選びます。
例えば、ここでは「Sus4」コードを入力したいとします。
「Sus4」と書かれた三角のマークをクリックします。

Sus4

あとはキーエディター上でルート音を決めるだけです。
C上をドラッグすれば「Csus4」、G上をドラッグすれば「Gsus4」が自動的に完成します。

Csus4

それぞれのコードについて、コードの構成音を考える必要はありません。

「転回形」や「ドロップボイシング」も可能です。

ボイシング

転回形やドロップボイシングは、ボイスリーディング等で必要になってくるので、いちいち考えながらする必要はありません。

自動的にCubaseに任せましょう。