Cubase使い方講座トップ > オーディオ設定

Cubaseでのオーディオ設定

オーディオ設定

オーディオ設定をしておかないと、うまく音が出ない・録音できない等の不具合がおきます。ここでは、Cubaseでの最初にやるべきオーディオ設定について見ていきます。

まずメニューバーの「デバイス」から、『デバイス設定』を選択します。

デバイス設定

続いて、「デバイス設定」ダイアログの中にある左端のメニューにある『VSTオーディオシステム』をクリックします。

VSTオーディオシステム

右側のプルダウンメニューの中から、今使っているオーディオインターフェースを選択します。
※オーディオインターフェースを使っていない方は「Generic Low Latency ASIO Driver」にしておいてください

VSTオーディオシステム

これで、Cubaseとオーディオインターフェースのセットができました。



オーディオインターフェースをお使いの方はオーディオインターフェース自体の設定も必要です。

所有しているオーディオインターフェースをセットすると、「VSTオーディオシステム」の下にオーディオインターフェース名が表示されます。

次はそれをクリックしましょう。

オーディオインターフェース

「コントロールパネル」をクリックすると、そのオーディオインターフェースの細かなセッティングが可能になります。

表示される画面はお使いのオーディオインターフェースごとに変わりますが、大抵は「サンプルレート」や「バッファサイズ」の調整を行う画面になります。

コントロールパネル
※「Fast Track Solo」の場合



次の『MIDIデバイス設定』へ