作曲本レビュー トップ > 『よくわかる 作曲の教科書』

『よくわかる 作曲の教科書』秋山公良著

『よくわかる 作曲の教科書』秋山公良著

作曲のための初級本というところでしょうか?
予習にも復習にも使えます。

内容のサンプルCDは付属しませんが、著者のホームページからサンプルが聴けます。
サンプル音源ページ

特徴としては、ほとんどが見開き2ページで1つのテーマを扱っています。
そのため初心者の方でも読みやすく、割と良くまとまっているなという感じを受けます。

「音名」や「楽譜」など、初級的な知識については触れられていないので、
音楽について全く知らない人はまず、そういった部分(楽典)を扱った音楽書を読むことを
お勧めします。

内容的にはコード理論中心に、メロディーに関することも記述されています。

ツゥーファイブやセカンダリードミナント、サブドミナントマイナー、テンションコード
Sus4コード、ボイシングなどなど

「ザックリ薄く広く」という印象を受けましたので、とりあえずコード理論の初級部分をサラッと
知りたいという人には最適ではないでしょうか?

『よくわかる 作曲の教科書』秋山公良著