作曲本レビュー トップ > 『The Songwriter's Workshop: Harmony』

『The Songwriter's Workshop: Harmony』Jimmy Kachulis著

『The Songwriter's Workshop: Harmony』Jimmy Kachulis著

今回紹介する『The Songwriter's Workshop: Harmony』は洋書です。
つまり外国で発売されている本で、全編英語になっています。

全編英語なんて読めない!と思われがちですが、案外そうでもありません。
(最初は私もそう思っていましたが・・・)

理論的な用語は共通のものもありますし、なんていったって世界共通の五線や音符、
コードネームが使われていますので。

ということで、この『The Songwriter's Workshop: Harmony』も、そんなに
頭を悩ますような難しいものではありませんでした。
中学校レベルの文法で書かれているので、読みやすかったです。

おそらく作曲初心者用に書かれた本で、薄く広くといったところです。

一般的なメジャーキー・マイナーキーのコードのみならず、
ドリアンモードやミクソリディアンモードなど、モード系のコード(モーダルハーモニー)進行にも言及されています。

そこはやはりアメリカって思いましたね。
日本では、初学者向けにあまりモードには言及しないので。

ちなみに、「モード」っていうのはJazzやBlues、R&B、Rockなどで使われる、
一般的なメジャースケールやマイナースケールとは違う、特徴的なスケールのことです。

付属CDがありますので、解説がいまいち理解できなくても安心だと思います。

英語に少し自信のある方なら、ぜひ読んでほしい一冊です。

『The Songwriter's Workshop: Harmony』
Jimmy Kachulis著