作曲本レビュー トップ > 『決定版 音楽理論ワークブック』

『決定版 音楽理論ワークブック』北川祐著

『決定版 音楽理論ワークブック』北川祐著

実際に得た知識を使えるようになるには、やはりアウトプットが一番です。
まず考えられるアウトプットは、やはり問題を解いていくことですね。

しかし音楽理論にはこれといった問題集がありませんが、この『音楽理論ワークブック』は数少ない音楽理論用の問題集です。

著者が出版されている『ポピュラー音楽理論』という作曲本に準拠した内容ですが、解説付きですので、その本を持っていなくても活用できます。

基礎的な音部記号や音程などから始まり、コードやスケール、コード進行など幅広い内容の問題が掲載されています。

こういった問題集をやっていると、何となく学生時代や資格の勉強を思い出し、人によってはつらくなるかもしれません。

当スクールでもオリジナルの問題を作っていますので、当スクールの生徒なら別にこの本は必要ないでしょう。

独学で黙々とがんばっておられる方は、自分の腕試しに購入されてはいかがでしょうか。
ただし、間違ってもこの本で音楽理論を理解しようというのは間違いです。

この本はあくまで復習用であって、予習用ではありません。

『決定版 音楽理論ワークブック』北川祐著