作曲本レビュー トップ > 『作曲本~メロディーが歌になる』

『作曲本~メロディーが歌になる』野口義修著

『作曲本~メロディーが歌になる』野口義修著

当コンテンツと同じタイトルですが、特に意識したわけではありません。
名前からもわかるとおり、作曲について全般的に扱った内容です。

ただ、副題からもわかるとおり、やや「メロディー」に主眼を置いたものになっています。

結構長い間、作曲関連書の定番の位置にありますので、
この本の中で取り上げられている楽曲が一昔前で、かなり違和感を感じました。

昔懐かしい曲や、正統派の作曲を志している方にはいいかもしれませんが。

モチーフを意識したメロディー作りを説いておられます。
これには個人的にも賛成です。

あまりメロディー作りに慣れていない方は、4~8小節の長いフレーズを作ろうと
される方が多く、モチーフ主体のメロディー作りの方が一番手っ取り早いです。

コードやコード進行についての説明もありますが、深く説明されていないので
わかりづらいかもしれません。

また、譜例に対しての音源もありませんので、初心者の方にはつらいでしょう。
(今の時代、CDなしで定価1890円はお高いと思います)

後半部分には少しですが、音楽業界のことやDTMのことについて触れられています。

『作曲本~メロディーが歌になる』野口義修著