作曲本レビュー トップ > 『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』

『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』仰木日向著

『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』仰木日向著

最近「まんがでわかる」と名の付く本が増えてきたように感じます。まんがなら難しい内容もわかりやすいでしょうし、細かな字を追うより楽です。

また、「もしドラ」以降ストーリー仕立ての学術系の本も何かと目にします。

そんな中でとうとうストーリー仕立ての作曲本が出てきました。
それが『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』です。

理論書と中古のキーボードを買ったものの作曲に挫折してしまった主人公の「山波いろは」が、同級生で天才作曲家の「黒白珠美」に作曲を教えてもらうという内容で、最終的に14日で曲を完成するというお話です。

「14日」といっても、映画を見に行ったり、耳コピをしたり、途中「山波いろは」が挫折してしまうというところがあるので、実質はもう少し少ないです。


こちらで解説されている作曲の手順は、まずは音楽のイメージを浮かべることを第一としています。

そして、「そのイメージに合ったメロディを作る⇒ベースを作る⇒ハーモニーを作る⇒ドラムを作る」という流れです。

同じような手順で作曲されている方は参考になるかもしれません。

この本はあくまで作曲ができるようになった道筋を見るというもので、この本で作曲が学べるというわけではありません。

ところどころ理論的な部分に言及していますが、この本は「理論(書)なんて必要ない」というスタンスですので、ほとんど詳しい説明はありません。

ですので、作曲を学ぶというより、あくまで作曲ができるまでの過程を見る本としてとらえた方が良さそうです。

ただ、”難しい理論書を理解できるのは曲を作れるようになってから”、”ルールを知っているから間違えることができる”など、なるほどと言えるところもありましたので、これから作曲を始める方、作曲に行き詰まった方は何かしらのヒントが見つかるかもしれません。



『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』仰木日向著
『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』仰木日向著