作曲本レビュー トップ > 『これで征服!ロックギター音楽理論(コードワーク編)』

『これで征服!ロックギター音楽理論(コードワーク編)』矢萩秀明著

『これで征服!ロックギター音楽理論(コードワーク編)』矢萩秀明著

「ロックギター音楽理論」というタイトル通り、ギタリスト向けの音楽理論本です。
レベルは中・上級で、応用的な内容が中心となっております。

そのため、音楽理論について詳しくない、ギターは始めたばかり、という方にはあまりお勧めできません。

『ロックギター音楽理論』は3部作になっていて、これの一つ下に「ベーシックセオリー編」というのがあります。ギターについて、またコードについての知識がない方は、まずは「ベーシックセオリー編」を読んでから、「コードワーク編」に進みましょう。

ある程度ギターや音楽理論について知っている人にとっては、かなりタメになる内容が豊富です。

例えば、ボイシング法や代理和音(アッパー・ストラクチャー・トライアド)などは、ギタリストだけでなく、鍵盤奏者でも役立つ内容だと思います。

ギターはどちらかというと、「バッキング(伴奏)」に重きを置いた楽器ですが、アンサンブルになったときのギターの役割や心構えなどは参考になると思います。

CD付きで音源があるので理解しやすいと思いますが、ところどころかなり高度な理論(スケールやモード)について触れられています。

一歩上のアレンジを目指す方はぜひ読んでみてください。

『これで征服!ロックギター音楽理論(コードワーク編)』
矢萩秀明著