作曲本レビュー トップ > 『ピアニストの脳を科学する超絶技巧のメカニズム』

『ピアニストの脳を科学する超絶技巧のメカニズム』古屋晋一著

『ピアニストの脳を科学する超絶技巧のメカニズム』古屋晋一著

タイトルは理系の難しそうな感じですが、内容としては読みやすかったです。

元々ピアノの弾き方や体の使い方について興味を持っていた著者が、大学時代にピアノの練習により手を痛めてしまったことをきっかけに、ピアノ演奏の脳と身体の働きを研究することになったようです。

なぜピアニストの指はあれだけ速く動くのか、なぜ左右の手で別々の動きができるのか、なぜ各指が独立して動くのか、なぜあれだけ多くの音符を覚えることができるかなどなど、そういった疑問に対する研究結果や考察が紹介されています。

研究結果の資料も豊富に掲載されていますので、「なるほど」と納得させられる部分も多くありました。

個人的に興味深かったのが、子供のころからピアノを始めた人の方がやはり「指を速く動かす」「左右の手を器用に動かす」という点で優位性があるようです。

ただ、大人からでも十分に発展させることができるようなので、「もう年だから・・・」は言い訳にはなりません。

こういうことは言語(外国語)習得についても同様のことが言えるかもしれません。

またこの本の中では「ピアニストの故障」についても言及されています。

故障しないための工夫や演奏スキルについての考察がありますので、現在ピアノ指導されている先生にもお勧めできるのではないでしょうか?



『ピアニストの脳を科学する超絶技巧のメカニズム』古屋晋一著
『ピアニストの脳を科学する超絶技巧のメカニズム』古屋晋一著