作曲本レビュー トップ > 『大人のための音感トレーニング本』

『大人のための音感トレーニング本』友寄隆哉著

『大人のための音感トレーニング本』友寄隆哉著

「耳コピができるようになればいいのに・・・」という方はたくさんいらっしゃるかと思います。また、「楽譜を楽器なしで読めたら、どんなに楽か」という方もいらっしゃるでしょう。

やはり、「耳コピ」には聴力や音感力が必要になってきます。

この『大人のための音感トレーニング本』は、「音程(インターヴァル)」の知識をまず身につけ、それを音感力アップにつなげるという新しい視点の本です。

個人的に作曲で「音程」の知識はとても重要だと思っています。

ただ単に耳を鍛えるための音感トレーニングではなく、音程の知識をよりどころにした音感トレーニングを著者は推奨しています。

おそらく、向こう見ずにただ単に耳を鍛えるより、こうした知識先行のトレーニングの方が、結果的に早いということでしょう。

音感は鍛えられないと思われがちですが、そうではありません。
十分に鍛えられます。

よく音感は語学と一緒で「慣れ」だという方もいらっしゃいます。
この意見に私も賛成です。

英語でも、何回も聴き続けていると、わからなかった単語が聞こえてくるようになったということはよくあることでしょう。

それと同じで、音もだんだんと高さの認識ができるようになり、自然と分かってくるものです。

本格的に音感を鍛えたい方にはオススメできる本です。

『大人のための音感トレーニング本』友寄隆哉著