作曲本レビュー トップ > 『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』

『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著

『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著

こちらはタイトル通り、『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく』ことを念頭に書かれています。

過去に理論書を読んで挫折した人向き、これから理論書を読もうと思っているが理解できるのか不安、と言った人が対象となっています。

内容としては、「センセー」と「リロンちゃん」の会話で始まり、それを筆者が補足説明をするという形式で書かれています。

タイトルにダジャレを使ったり、「センセー」と「リロンちゃん」の会話がボケとツッコミみたいな部分があるので、できるだけ初心者の方に飽きさせないような工夫がされています。
※おもしろいかどうかは別として

基本的な「五線」や「音名」の説明から始まり、音程・調・スケール・コード・ケーデンスまで言及しています。それぞれは割と結構深く掘り下げられて説明されていますので、一般の音楽理論書と同等と言っても良いですし、この本の目的である予習用ではなく、復習用としても使えそうです。

ただ、基本的な音符や休符、拍子等については説明がないので、これは別途楽典で読んでおく必要があるようです。

初心者向きとはいえ、音程は「倍音」の知識で説明されていて、やや難しさを感じるかもしれません。

コードはテンションコードやセカンダリードミナントなど、応用的なところまでありますが、説明が非常に簡素です。

『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく』ということなのでそこまで詳しく説明しなくても良いだろうということだろうとは思いますが、それならいっそのことダイアトニックコードまでにとどめておいても良かったかなという印象もあります。逆に混乱する元になるかもしれません。

この本で一番大きいデメリットというのはやはり「サンプル音声がない」という部分です。

初心者の方向けならやはり実際に聴いてみたいというところがあるので、サンプル音声がないと初心者の方にとっても手が出しづらいかもしれません。


『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』

『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著